CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
| main | III号突撃砲D型-2 >>
III号突撃砲D型-1
5年ほど前から少しずつ作り続けているIII号突撃砲D型です。タミヤのG型シャシーに、ドラゴンのC/D型の戦闘室と機関室上面を組み合わせています。フェンダーのエッチングパーツはアベール製(No.35A14)、履帯はモデルカステンの可動タイプ(SK-18)を使うことにします。


タミヤとドラゴンのパーツの合わせは意外と良いです。車体後方のオーバーハング部分のリブは、モールドを削り落としてプラ材でシャープに作り直しました。


車体下部と各ホイールには、泥汚れのテクスチャーを溶きパテで叩き付けるように塗っています。戦闘室のインテリアはジャガーモデルのC/D型用(No.63516)レジンパーツを組み込みました。


砲身はジョルディ・ルビオのアルミ挽きものパーツに交換しました。砲尾部分はタミヤのハノマークD型のパーツがぴったり合ったので流用。ジャガーモデルの原型師もおそらくこれをコピーしたと思われます(笑)


防盾の裏側にある衝撃緩衝用のU字金具は、タミヤのG型のパーツをアレンジして取り付けました。戦闘室の上面にあるマイナスネジは、パッションモデルの真鍮製パーツ(P35-001)を差し込んでいます。

| StugIII Ausf.D 製作記 | 07:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする