CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< III号突撃砲D型-17 | main | III号突撃砲D型-19 >>
III号突撃砲D型-18
細部工作はほとんど片づいたので塗装に入ります。まずは転輪から‥。

最初にゴムの部分をつや消しの黒で塗り、サークルカッターで切り抜いたマスキングテープを使ってジャーマングレイに塗り分けます。上部の小さい転輪のマスキングは、事務用の2穴パンチでプラ板を打ち抜いたものがピッタリでした。


戦闘室内をていねいにマスキングしてから、ガンダムカラーのファントムグレー(GSIクレオスのCG101)を全体に吹き付けます。適度に光沢があって、色味も青すぎず黒すぎず、ラッカー系ではイチ押しの塗料です!


大戦初期車輛のエッジの効いた禍々しさをスポイルしないように、塗膜はなるべく薄く、スムースな肌になるように仕上げました(クリックで拡大します)。
| StugIII Ausf.D 製作記 | 06:13 | comments(0) | - |
コメント
コメントする