CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< III号突撃砲D型-18 | main | III号突撃砲D型-20 >>
III号突撃砲D型-19
戦闘室の左後方に取り付けるアンテナケースです。タミヤのIII突B型のパーツを参考に、断面がH型のプラ角材(プラストクラスト製)で自作。角材の下側1/3を削り落とせば、タミヤパーツの外寸とピタリ一致します。

アハトゥンク・パンツァーのイラストを見ると底部が抜けているようなので、モーターツールとヤスリを駆使して、支持架の部分を残してくり抜きました。


支柱のエッチングパーツはライオンロアのIII突A-D型セットから。実物は吸気グリルのメッシュを固定するボルトに共締めされているので、その部分の塗装のみ剥がして半田付けしました。


最後尾の長い支柱は0.8mm幅の洋白帯金を使い、基部にアドラーズネストのボルトヘッドを差して車体に固定しています。


その支柱から斜め右後方に向かって、補強用のステーが付いているのが確認できたので、0.5mmの真鍮線とアドラーズのボルトを使って追加しておきました。
| StugIII Ausf.D 製作記 | 09:14 | comments(0) | - |
コメント
コメントする