CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< III号突撃砲D型-29 | main | III号突撃砲D型-31 >>
III号突撃砲D型-30
残り少なくなったIII突のパーツのうち、今日はマフラー(排気管)を作りました。当初はC/D型のキットのものをそのまま使う予定でしたが、タミヤのB型のパーツのほうが幅広で形も良さそうなので、少し手を加えて取り付けることにします。

パイプの出口は1.2mmのドリルで揉んで穴を深くし、モーターツール用のコーン状のビットを手回しで削り、エッジを薄々に仕上げました。


塗装はまず車体色と同じジャーマングレーを吹き、部分的にメタルカラーのアイアンを重ねて、熱で黒っぽく変色した感じを出しました。マフラーには定番の錆表現ですが、今回は新車に近いコンディションということで、エンジン寄りの部分にピグメントを少しまぶす程度にしています。

エポキシ接着剤で車体に取り付けた後、周囲と馴染ませるためにAKのピグメント(ヨーロピアンダスト)を使って埃っぽくしています。この種のウェザリングは、作業の"止め時"が難しいですね‥。
| StugIII Ausf.D 製作記 | 05:39 | comments(0) | - |
コメント
コメントする