CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< III号突撃砲D型-3 | main | III号突撃砲D型-5 >>
III号突撃砲D型-4
車幅表示灯とノテックライトの基部をアベールのエッチングパーツから作りました。パーツが小さいので、接着剤ではなく半田を使ってみましたが、フェンダー上面は細かい凸凹があって、ココだ!という位置が決まるまで、かなり時間がかかりました。

ベージュ色の車幅灯本体とホーンは、タミヤのIII号L型の余りパーツから持ってきています。接合部にはアドラーズネストの六角ナットを使って華を添えました。半田が盛大にはみ出していますが、色塗ってしまえば目立たなくなるでしょう。


フェンダーを完全に車体に接着する前に、些末なディテールを追加しました。ひとつはエンジンルームの上下の合わせ目。中央にデザインナイフで筋彫りを刻んでから、ジャンクパーツの転輪から削ぎとった六角ボルトとナットを移植します。


車体後部に付くマフラーの取り付け金具は、幅0.8mmの帯金をL字に折り曲げ、アドラーズネストのボルトを介して車体側に固定しました。


牽引ホールドの下に取り付けた板状のリフレクターはアベールのエッチングパーツ。取り付けにはやはりアドラーズのボルトを使用しています。


こうして無事、フェンダーを接着できました。

| StugIII Ausf.D 製作記 | 04:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする