CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< III号突撃砲D型-31 | main | プラスチックウォリアーズ >>
III号突撃砲D型-32
車体前方の牽引ホールドに差し込むバーを、洋白線とパイプの組み合わせで作ってみました。寸法についてはタミヤのB型のパーツに準じましたが、いざ仕上がってみると、もうひとまわり太くしておけば良かったように思います‥。

材料は直径0.9mmの洋白線と、外径0.7mm の真鍮パイプを使いました。アダプターを介してモーターツールに取り付けたドリルで、太いほうの洋白線に0.6mmの下穴を開けます。


続いて先細のビットで下穴の直径を0.7mmまで広げ、用意しておいた真鍮パイプを差し込んで半田付け。パイプの先端にも0.3mmの穴を開け、0.15mmの真鍮線を通してリンクを作り、アベールのB-D型用(No.35021)に付属していたエッチング製チェーンを取り付けました。


ちなみに本体へ取り付けの段になって気がついたんですが、上の画像はチェーンの位置が上下さかさま! 半田コテの先で熱をかけながらパイプの位置をズラし、リンクが上になるように修正しました。


修正が済んだパーツを黒染め液に浸し、水洗後にジャーマングレーで塗装、エポキシ接着剤で牽引ホールドに取り付けます。エポキシがしっかり固まってから、チェーンの"垂れ具合"が自然に見えるように、ピンセットで微調整して完成です。
| StugIII Ausf.D 製作記 | 09:02 | comments(2) | - |
コメント
神業・・・素晴らしい〜っ!!!
| kunihiko | 2013/03/15 7:44 PM |
ありがとうございます。作っていて楽しいのが一番です!
| カミムラ | 2013/03/16 8:48 AM |
コメントする