CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 博物館のパンター(その1) | main | 博物館のパンター(その3) >>
博物館のパンター(その2)
誘導輪はクリッパーモデル/Hi Stone製のメタルパーツを奢りました。タミヤのものと比べると直径で2mmほど大きくなっていて、泥が落ちやすく改良された最後期型の誘導輪の特徴をよく捉えていると思います。

メタルパーツのバリを落としてから、瞬間接着剤で内側と外側を張り合わせた後、つなぎ目に生じたギャップに溶きパテを盛って整形しました。


グリスアップ用のニップルのモールドには穴を開け、洋白線を短く切ったものを差し込んでいます。


なお、これらの作業は2007年3月に行ったもので、当時mixiに書いていた日記を元に再構成しています。
| Panther Ausf.G Late 製作記 | 15:05 | comments(3) | - |
コメント
次回パンター製作の際に・・・参考にさせて頂きます(汗)
良い感じに仕上がって、SHSめちゃめちゃ楽しみです(^-^)v
| kunihiko | 2013/03/17 7:00 PM |
こういうの見ていると自分も作り込みしたくなってしまいます。
目の毒ですねー(笑)
| デモドリ | 2013/03/17 9:38 PM |
コメントありがとうございます。これらの改修作業は、ドラゴンのスマートキットなら
まったくイジる必要ないですよ。ニップルのモールドは‥、まぁ自己満足ということで、
色塗っちゃえばまず判別できません!
| カミムラ | 2013/03/18 10:46 AM |
コメントする